ABOUT
SKYRIMの自キャラ妄想保管庫
不定期更新(リンクフリー)

作品の無断転載・加工を一切禁止します
I wholly forbid the reproduction and manufacturing of my work without permission.

記事検索
72850_20170528182503_1

聖域にて"仕事"の報告を終えた後、妹に逢う為にホワイトランに足を運ぶ
それがいつものヴィオラの休暇の始まりである

ホワイトランの門をくぐり、騒がしい市場を抜けて、妹が暮らす同胞団の本拠地であるジョルバスクルへと向かう
その扉を開けると、大きな炉の側に赤髪で長身のノルドの青年が立っていた

72850_20171103112400_1

こちらに気付いて近付いて来た青年と軽い挨拶を交わし、妹を呼ぶ様に頼むと、同胞団の"導き手"である眉間に皺を寄せたインペリアルの男が姿を見せる
日頃の妹に対する苦情を聞き流し、不在である妹への伝言を男に預けて、ヴィオラはジョルバスクルを後にした

ギルダーグリーンのある広場を抜け、階段を下りた先にある宿、バナードメアにヴィオラは足を踏み入れる
いつもの様に一室を借り、部屋の扉に鍵をかけ、身につけているものを外し、その白い肢体を質素な布で包む

  72850_20171103113529_1

「相変わらず賑やかね……ここは」
テーブルにある蜂蜜酒を少しずつ口にしながらヴィオラは呟いた

「俺は結構好きだがな」

72850_20170728221902_1

突如背後から聞こえた声の主を、 ヴィオラは呆れた様な少し怒った顔で見据える
ヴィオラが良く知るインペリアルの男、" 闇の兄弟"がそこに立っていた
「だから、どうして勝手に入ってくるのよ……"仕事"以外で私に近寄らないでっていつも……」
「まあ、そう固い事言うなよ。丁度ソリチュードで良い酒が手に入ってな。ほら、お前さんも一杯どうだ?」
男が右手に持った酒瓶を軽く振りながら笑う

 72850_20170728222625_1

「だからといって、部屋の鍵を勝手に開けて入ってくる理由にはならないわよ……」
ヴィオラはひとつ大きな溜息をついて、 観念したかの様に椅子へと腰をかけた
隣に座った男が、静かに酒瓶からワインをカップへと注ぐ
「女を落とすには多少強引な方が良いんでね……ほら、旨いから呑んでみろって」
「……変なモノ入れてないでしょうね?」
横目で男を睨みつけつつ、ヴィオラは渋々カップを口へ運ぶ
「!!何これ……美味しい……」
先程までの険しい表情がまるで別人かの様に、ヴィオラは口へ手を当ててキラキラと目を輝かせる
「だろう?シロディールのフルーツワインってやつだ」
「へぇ……こんなに美味しいのは初めてだわ」
嬉しそうにワインを口にするヴィオラを、男はどこか優しげな眼差しで見ていた
 「気に入っていただけた様で、何よりだな」

72850_20170728222053_1

「でも意外にキツいのね、これ。蜂蜜酒程では無いけれど、口当たりが良いから……」
普段あまり口にすることの無い酒のせいか、ヴィオラの白い頬に赤みが僅かに差す
「なんならベッドまで運んでやろうか?」
男は少し悪戯な表情を浮かべて、慣れた手付きでヴィオラの腰へと腕を滑らせた

72850_20170728223258_1

「!!……結構よ。気安く触らないで頂戴」
ヴィオラは一瞬驚いた顔を見せたが、すぐさま男を睨みつけ、その身体を引き離して足で軽く押し返す

 72850_20170728221448_1

「やれやれ、足癖の悪い困った子猫ちゃんだ」
「女癖の悪いアンタに言われたくないわ」
楽しそうに笑いながら男は煙草を消し、掴んだヴィオラの足先にひとつ唇を落とした



かなり前にこっそりTLで投下したやつを……( ˙꒳˙  )

SHORT STORY

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
246x0w

最新コメント
  • ライブドアブログ