ABOUT
SKYRIMの自キャラ妄想保管庫
不定期更新(リンクフリー)

作品の無断転載・加工を一切禁止します
I wholly forbid the reproduction and manufacturing of my work without permission.

GooglePhoto
01 / 02 / SE / NSFW
記事検索


雨宿りの為、人里離れた民家の戸を叩いた三蔵一行
扉を開けて顔を覗かせたのは、連れ去られた筈の八戒の妻である紫陽だった
三蔵一行をもてなす紫陽
しかし悟空だけが「血の匂いがする」と紫陽に疑いの眼差しを向ける
三蔵は悟空を諌めるが、口論の末に悟空は家を飛び出し、悟浄がその後を追った
残された三蔵と八戒は食事を続けるが、急激な眠気に突如襲われ熟睡してしまう
そして目を覚ました八戒の目に飛び込んできたのは、三蔵の心臓を抉り出そうとする「人を喰らう妖怪」へと変貌させられた紫陽の姿だった

「これでいいの……だから…そんな顔…しないで…貴方に…似合わないもの…」

――確かに其処にあった幸せな瞬間



マリアさんが八戒と紫陽の出会いのお話を書いて下さったので……いつも素敵なお話をありがとうございます( *ˊᵕˋ)
それに比べ、私はいつも薄暗い妄想ばっかりしてすみません本当……( ˙꒳​˙  )ヒィイイイン!!

SHORT STORY

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
  • ライブドアブログ