ABOUT
SKYRIMの自キャラ妄想保管庫
不定期更新(リンクフリー)

作品の無断転載・加工を一切禁止します
I wholly forbid the reproduction and manufacturing of my work without permission.

保管庫
SCREEN SHOT
New
Old
MY MOD
Follower mod
記事検索
tumblr_oi09pvHCTP1ulizdzo2_1280

「くそっ……数が多すぎる!!」

tumblr_oi09pvHCTP1ulizdzo5_1280

「こいつら弓矢当てても全然きかねーし……!!おにぃ!!囲まれて……」

tumblr_oi09pvHCTP1ulizdzo1_1280

「ルクレツィア」

tumblr_oi09pvHCTP1ulizdzo4_1280

「はい」

tumblr_oi09pvHCTP1ulizdzo6_1280

「「!?」」

tumblr_oi09pvHCTP1ulizdzo7_1280

「なんだ!?急に爆発したぞ!?」

tumblr_oi09pvHCTP1ulizdzo9_1280

「どうしたボウズ、これ位でもうへばっちまったのか?」

tumblr_oi09pvHCTP1ulizdzo10_1280

「なっ……!?と言うか誰だアンタ!?」

tumblr_oi09pvHCTP1ulizdzo8_1280

「なぁに、ただの通りすがりのジジイだ」


――


tumblr_oi0c2zlTnJ1ulizdzo1_1280

「大丈夫かおにぃ?怪我してないか?」

tumblr_oi0c2zlTnJ1ulizdzo2_1280

「問題無い、俺は生まれつき頑丈だからな。パイプの修理も済んだ。これで恐らくホワイトランへ戻れるだろう」

tumblr_oi0c2zlTnJ1ulizdzo4_1280

「さて、助けて貰った礼は言う……が、一体何者なんだ?アンタも吸血鬼なのか?」

tumblr_oi0c2zlTnJ1ulizdzo5_r1_1280

「いいや、吸血鬼なのはアイツだけだ。だが、簡単に人間を襲う様な奴じゃねぇのは確かだ。安心しろ」

tumblr_oi0c2zlTnJ1ulizdzo8_r1_1280

「ところでおっちゃん、どっかで私と会った事ねーか?なーんか、見た事あるんだよな……」

tumblr_oi0c2zlTnJ1ulizdzo3_r2_1280

「さぁな……気のせいだと思うぜ?嬢ちゃん」

tumblr_oi0c2zlTnJ1ulizdzo7_r3_1280

「そうか、じゃあ、私の勘違いだな!!」
「行くぞダリア。叔母さんが心配してる。」

tumblr_oi0c2zlTnJ1ulizdzo6_r2_1280

「おっ、そうだな!じゃあなおっちゃん方、助けてくれてありがとな!!」

tumblr_oi0c2zlTnJ1ulizdzo9_r1_1280

「ねぇ……もしかしてあの子達が貴方の?」
「……さあな」



SHORT STORY

コメントする

名前
URL
 
  絵文字