ABOUT
SKYRIMの自キャラ妄想保管庫
不定期更新(リンクフリー)

作品の無断転載・加工を一切禁止します
I wholly forbid the reproduction and manufacturing of my work without permission.

保管庫
SCREEN SHOT
New
Old
MY MOD
Follower mod
記事検索
tumblr_ohcv8jlxJh1ulizdzo2_1280

「……」

tumblr_ohcv8jlxJh1ulizdzo3_1280

「やれやれ、ようやく瓦礫の山から抜け出せたと思えば……こんな場所にも吸血鬼とはな」

tumblr_ohcv8jlxJh1ulizdzo4_1280

「!!」

tumblr_ohcv8jlxJh1ulizdzo6_1280

「悪いが、ここで終いだ。これも一応仕事なんでな……なに、じっとしてりゃすぐ済むさ」

tumblr_ohcv8jlxJh1ulizdzo5_r1_1280

「がっ……はっ……!!」

tumblr_ohcv8jlxJh1ulizdzo7_r1_1280

「よしよし、良い子だ。そのまま大人しくしてな……」

tumblr_ohcv8jlxJh1ulizdzo8_r1_1280

「!?」

tumblr_ohcv8jlxJh1ulizdzo9_r4_1280

「ゲホッ……ゲホ……?」

tumblr_ohcv8jlxJh1ulizdzo10_r4_1280

「おいおい……こいつは驚いた……まさか、こんな場所でお前さんに再会出来るとは……顔を見たのは十数年振りだが……まさか吸血鬼に成っていたとは、予想外だったぜ」

tumblr_ohe086G9hI1ulizdzo9_r1_1280

「ゲホッゲホッ……貴方、私を知っているの?」

tumblr_ohe086G9hI1ulizdzo1_r1_1280

「お前さん……おいおい、まさか覚えて無いのか?」

tumblr_ohe086G9hI1ulizdzo3_r1_1280

「!!」

tumblr_ohe086G9hI1ulizdzo5_r1_1280

「瞳の色は違うが、泣き黒子にその面……どう見たって人違いじゃねーな」

tumblr_ohe086G9hI1ulizdzo6_r2_1280

「さて、どうしたもんかね……お前さんに会ったら尋ねたい事が山程あったんだがな」

tumblr_ohe086G9hI1ulizdzo7_1280

「……」

tumblr_ohe086G9hI1ulizdzo8_1280

(今はあいつ等の後を追うのが最優先……だが、漸く見つけた探し物を手放す気もねぇしな…)

tumblr_ohe086G9hI1ulizdzo10_r1_1280

「取り敢えず……だ。俺と一緒に来い。暇潰しに昔話をしてやるよ」



SHORT STORY

コメントする

名前
URL
 
  絵文字