ABOUT
SKYRIMの自キャラ妄想保管庫
不定期更新(リンクフリー)

作品の無断転載・加工を一切禁止します
I wholly forbid the reproduction and manufacturing of my work without permission.

記事検索
tumblr_ohc84xFxEe1ulizdzo1_r1_1280

「貴方達を “餌" にするつもりは無いのだけれど……どうしても私を殺したいと言うなら、それでも構わないわ」

tumblr_ohc84xFxEe1ulizdzo2_1280

「そうさせて貰う。気が変わって妹に危害を加えられる可能性もあるからな」

tumblr_ohc84xFxEe1ulizdzo3_1280

「ちょ、ちょっと待てっておにぃ!!」

tumblr_ohc84xFxEe1ulizdzo8_r1_1280

「!!ダリア!!駄目だ!!そいつから離れ……」

tumblr_ohc84xFxEe1ulizdzo9_r1_1280

「嫌だね!!なぁ、落ち着けっておにぃ。確かに吸血鬼は危ねぇよ……おにぃがアタシの心配してくれてるのもすげー分かる。だからって、抵抗しねぇ奴を一方的に殺すのは……どうなんだよ?」

tumblr_ohc84xFxEe1ulizdzo5_1280

「だが……もしお前に何かあってからじゃ……遅いんだ」

tumblr_ohc84xFxEe1ulizdzo4_1280

「アタシの考えが甘いのは百も承知だ。でも……でも駄目だ!!この場にじーさんやおばちゃんがいたら絶対におにぃを止めると思うし、それに……アタシの為にでも、おにぃにそんな事して欲しくねぇんだよ……」

tumblr_ohc84xFxEe1ulizdzo6_1280

「ダリア……」

tumblr_ohc84xFxEe1ulizdzo7_1280

「ほら、もうこの人はほおっておいてよ、やらなきゃいけねー事も山積みなんだし……もう行こうぜ?なっ?」
「……」

tumblr_ohcswjaYP61ulizdzo1_1280

「なぁ、おにぃ」
「……なんだ?」

tumblr_ohcswjaYP61ulizdzo3_1280

「いつも必死でアタシの事護ってくれてよ……その……ありがとな?……でも、私だってほら、一応“盾の”姉妹でもあるんだぜ?だから……もちょっと、信用して背中預けてくれよ?」

tumblr_ohcswjaYP61ulizdzo4_1280

「ダリア……そうだな。実力はまだまだだが、お前だって一人前の戦士だもんな」
「む……一言多いぜおにぃ!……よーし!!ジョルバスクルに戻ったら、また手合わせしようぜ!!あ、手は抜くなよ?絶対だぞ?」

tumblr_ohcswjaYP61ulizdzo2_1280

「分かった分かった……約束する」


――


tumblr_ohcswjaYP61ulizdzo6_r1_1280

「それにしても……厄介だなこいつら。あちこちにいる上に、自動修復するみたいだ」

tumblr_ohcswjaYP61ulizdzo5_r1_1280

「ちゃっちゃとパイプ修理して帰りてーのにな……まあ、そいつらはおにぃに任せて、私は修理の方に専念するぜ?おにぃより身軽だしな……あらよっと……」

tumblr_ohcswjaYP61ulizdzo9_r1_1280

「大丈夫か?いや……万が一お前が落ちたら……やっぱり俺が……」

tumblr_ohcswjaYP61ulizdzo10_r1_1280

「だからよおにぃ……もちょっと私を信頼しろってさっき言ったばっかりだろ?本当心配性だよな」

tumblr_ohcswjaYP61ulizdzo8_r1_1280



SHORT STORY

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
246x0w

最新コメント
  • ライブドアブログ